株式取引所

株式取引を行う際には、企業が発行を行っている株券を購入したり、または売却をすることが必要になりますが、こうした売買取引は証券会社を通し、株式市場で取引が行われています。

こうした株式での取引が行われているところを、株式取引所と呼んだりしていますが、正式には証券取引所と呼ばれており、株券以外にも国公債や一般社債などの有価証券の取引なども行っており、そうした中の一つとして株式で発行された株券の売買取引を行っている市場、つまり株式市場があるわけです。

この株式取引所、証券取引所は、現在では日本に四つの証券取引所が存在しており、最も取引が活発に行われているのが東証の名前で呼ばれることも多い東京証券取引所になります。

これ以外には名証と呼ばれている名古屋証券取引所、札証である札幌証券取引所、福証と言われる福岡証券取引所になり、以前には、これ以外にも大阪証券取引所や、京都、新潟、広島にも証券取引所があったのですが、現在では先に登場した四つの取引所のみとなっています。

こうした証券取引所で取り扱われる株券、株銘柄は、それぞれの証券取引所にて規定と審査をクリアした企業の発行するもののみとなっており、こうした企業を上場企業、その株銘柄を上場株と呼んでいます。

この企業の上場数や取引されている株銘柄の数、そして毎日の取引量においても、東京証券取引所での取り扱いや取引が圧倒的となっており、名古屋や札幌、福岡の証券取引所では上場している企業も少なく、またそれぞれの証券取引所に上場しつつ、重複して東京証券取引所にも上場を行っている企業がほとんどとなります。

もちろん、それぞれの証券取引所には、その地方の有力な企業などが上場をしているために、株式取引を考えるのであれば、こうした面においても情報を集めておくことで投資取引に幅を広げる事ができます。

このように、証券取引所ごとに株式市場が存在しているのですが、一つの証券取引所にも複数の株式市場が存在しています。
東京証券取引所であれば、東証一部市場、東証二部市場、マザーズ市場、JASDAQスタンダート、クローズ市場、TOKYO PRO Market市場という市場があり、この市場によってそれぞれ取り扱っている企業の規模などが違っているために、株式市場の性質にも特徴が存在しています。

例えば東証一部では取引される株銘柄数、発行数、市場参加者も多いために、比較手に株相場の変動が緩やかであることが知られており、マザーズやJASDAQ市場はIT企業などの新興企業の株銘柄が多く、発行数少ないために株価が大きく変動することがあります。

MENU :