税金を納めなくてはいけないケース

株式取引にて収益があった場合には、この収益に対して確定申告を行い、納税額を決定して税金を納めなくてはいけないケースが存在します。

株式取引で得られる収益には二つの種類があり、一つは株式市場で株銘柄を売買取引することによって得られる譲渡所得、もう一つは株銘柄を持つ事によって、その株銘柄を発行した企業から得られる配当所得になります。

基本的に株式取引で得た収益に対する納税は、源泉徴収で済ませる事が可能であり、配当金所得については、確定申告を行うことによって税金が控除されたり、ほかの所得と合算して節税を行うことができることになっているために、こうした事を受けなくても構わないのであれば、確定申告の必要ありません。

また、配当金についても源泉徴収で済ませる事も可能であり、株式取引を始める際には、証券会社を選択し、そこの投資資金や取引で得た利益などを預け入れる取引専用の口座を開設する必要があります。

この口座を開設する際に、一般口座と特定口座の二種類の口座のうちの特定口座を選択し、さらに源泉徴収ありと源泉徴収なしの設定を付ける事ができるので、ここで源泉徴収ありを選択することによって、確定申告の必要はなくなります。

源泉徴収にしておくことによって、確定申告を行う労力は省くことができますが、得られた収益がすでに税金を差し引かれた分となりますので、繰り返し株式取引を行う場合には、税金を天引きされた資金によって再投資を行うことになるために、資金の効率が悪化することになります。

これに対して、確定申告を自らで行う場合には、投資で得た利益に対しては一年の通算の収益からその納税額が決定されることになるために、得られた利益からその都度に税金を差し引かれないために、資金の効率がよくなるというりてんがあります。

また、配当金についても確定申告を行う事によって、配当控除の適用を受けるか、ほかの収益との損益通算を行うかを選ぶことが可能となります。
配当金の確定申告を行う際に、総合課税での申告を行うことで配当控除の適用を受ける事ができ、這う頭金に価格税率を軽減することができます。

また、申告分離課税を行うことで株式取引や投資信託による収益と通算損益を行って節税を図ることが可能となり、こうした取引で損失がある場合にはこれと相殺をすることが可能となるために、課税の対象となる金額を下げることによって節税を行うことができるのです。

MENU :