株式取引の初心者

インターネットを利用した株式取引が主流となり、手数料の安いネット証券会社が登場したことによって、これまで株式取引に参加することが難しかった人たちが、どんどんと投資に参加するようになりました。

少ない資金であっても、しっかり株式取引を行ってその資金そのものを増やしていけば、徐々に取り扱える資金量や株銘柄の数量も大きくなっていき、やがては大きな株式取引も行えるようになることが、こうした投資取引の魅力の一つでもあります。

しかしながら、初心者の間は株式取引の仕組みなどを理解することも難しく、思わぬ損失を抱えてしまい資産を失ってしまう事もあります。

こうしたことから、まずは少ない資金から株式取引を行っていくことをお勧めしますが、どのような株銘柄を選ぶのかという事も重要なこととなってきます。

初心者のうちであれば、まずは安定した相場変動を見せる株銘柄を選ぶのがよく、こうした株を利用してまずは株式取引自体に慣れていくことが大切になります。
安定した相場変動を見せる株銘柄は、株式の発行数量が多く、またたくさんの投資家が株式市場で売買している銘柄になります。

株式の発行数量が少ない株銘柄は、ちょっとした売買取引によって大きな相場の変動が起こることになりますし、また、多くの投資家が売買取引を行っている株銘柄は、市場の原理によってその価格が適正な位置に保たれやすくなっており、相場価格の大きな変動が起こりにくいという特徴を持っているのです。

こうした株銘柄を選んで取引の練習を行うことが、初心者の投資家にはまず必要になりますので、まだ経験の浅いうちにはこうした銘柄で株式取引を行うのもいいでしょう。

また、株式取引には、株式市場で売買取引を行うことだけで利益を出すのではなく、株銘柄を購入して、その発行企業の株主となり、企業の業績に応じて配られる配当金を得るという方法もあります。

この配当金は、おおよそ年に二回ほど配布され、保持している株銘柄の数量によってその配当金の大きさも変わりますので、こうしたものを利用して長期的な資産運用を狙って行くのも、難しい売買取引を行う事もないために、初心者に向いていると言って良いでしょう。

また、こうした配当金を求める取引においては、同じように企業側から配られることになる株主優待のサービスも、株式取引の魅力の一つになります。
例えば、外食チェーンの株主優待では、その企業が展開している店舗などで無料で食事ができたりするクーポンや、エンターテイメント系の企業であればテーマパークなどの入場券が得られるなどのサービスがあり、また、そうしたものがない場合でも、カタログギフトや米や肉などの食料品を株主優待とするところもあるのです。

MENU :